2021年3月NLSから新発売されたアナルグッズ、ディルド、一本バイブ

2021年3月に通販NLSから新発売されたアナルグッズ、ディルド、一本バイブは全部で22本。1本1本紹介していこう。

ビギナーズパワービーズ

外国製電動アナルビーズ。

ビギナーズパワービーズ
ビギナーズパワービーズ

挿入長125㎜。14㎜から21㎜まで徐々に大きくなっていくビード=球が5つ連なっている。ビードのついているスティック部分は柔らかいがビード自体は硬め。

取っ手部分にローターを仕込むようになっており、取り外してローターだけを使うことも可能。振動は1種類1段階。商品名に「パワー」とあり、強振動タイプを志向していることが分かる。

電動モノは非電動として使えることがある。
当然のことながら、当機も非電動として使える。当サイト別記事「アナルオーガズム肛門開発編」でも述べたように、肛門の感度を上げるにはアナルビーズは最適なアイテムである。

キングコックシリーズ非電動ディルド5本

トリプルデンシティコックウィズボール

外国製非電動玉袋&吸盤付きリアル系ディルド2本。

トリプルデンシティコックウィズボール
トリプルデンシティコックウィズボール

硬い芯に柔らかいガワをまとった二重形成。全長7.5インチ版と全長10インチ版の2種類。「インチ」と言われてもピンと来ないが1インチ=2.54㎝。

7.5インチ版は、有効挿入長160㎜、最大径45㎜。
トリプルデンシティコックウィズボール
10インチ版は、有効挿入長210㎜、最大径49㎜。
トリプルデンシティコックウィズボール

10インチコックウィズボール

外国製非電動玉袋&吸盤付きリアル系ディルド。

10インチコックウィズボール
10インチコックウィズボール

全長が10インチであるが、有効挿入長は玉袋がある分だけ短くなる。即ち、全長は254㎜だが有効挿入長は210㎜となる。

最大径52㎜。
下掲の画像を見て、数値のみならず、画像に写り込んだ手と当器を比較すれば、そのサイズ感を直感的に把握できる。

10インチコックウィズボール

最大径が5㎝を越えているので、中級者上級者用のディルドとなる。拡張が進んでいないとなかなか挿入できないイチモツである、

9インチコック

外国製非電動吸盤付きリアル系ディルド。

9インチコック
9インチコック

全長が9インチと先ほどの『10インチコックウィズボール』より短い印象を与えるが、玉袋がないので10インチコックウィズボールと有効挿入長は変わらない。最大径に関しては、こちらの方が若干太かったりする。

9インチコック

女性の場合、玉袋をクリトリスなどの女性器に当てて快感を得ることが出来るが、男性の場合は玉袋があってもなくても関係ない。

また、当器は「反り」があるのでGスポットやPスポット=前立腺周りを刺激しやすい形状となっている。反りのあるディルドやバイブはG&Pスポットを志向した商品と考えてよい。

トリプルデンシティコックウィズスウィンギングボールズ

外国製非電動玉袋&吸盤付きディルド。

トリプルデンシティコックウィズスウィンギングボールズ
トリプルデンシティコックウィズスウィンギングボールズ

最大の特徴は、伸縮性のある玉袋に睾丸に見立てたボールが2つ仕込まれていて、抽挿する度にそのボールがユサユサと揺れ動くところである。

前掲『9インチコック』では「女性の場合、玉袋をクリトリスなどの女性器に当てて快感を得ることが出来る」と述べたが、当器はその特性を極端なまでに強調したものとなっている。

トリプルデンシティコックウィズスウィンギングボールズ

サイズは画像にある通り俗に言う「標準的」なものとなっている。

標準サイズのイチモツが抽挿する度に、その動きに連動して睾丸も揺れるという、表面的な見た目だけではないリアル系ディルドのもうひとつの「リアル」を提示した商品と言えよう。

マグナム ウォーターシリコン

非電動アナルプラグ。
往年の名作マグナムZシリーズがシリコン素材になって帰って来た!かつては30種類ほどシリーズで発売されていたが、今回は下掲した画像の5種類のみ。

マグナム ウォーターシリコン
マグナム ウォーターシリコン

画像を見る限り、かつての常軌を逸した大きさ&太さのものはない。マグナムZシリーズでは、下掲の画像のように「一般ユーザー」は決して使わないであろうサイズ感のアナルプラグが数多くリリースされていたのだ。

マグナムZ

とは言え、今回の新作5種類は全て最大径5㎝を越えるものばかりで中級者上級者用である。

マグナム ウォーターシリコン
マグナム ウォーターシリコン
マグナム ウォーターシリコン
マグナム ウォーターシリコン
マグナム ウォーターシリコン

かつてのマグナムシリーズを知る者からすると、言わば今回は「常識の範囲内」の太さのものばかりという感想かもしれない。今後の展開に大いに期待したい。

アナル・インベーダー

振動&スイング回転式アナルバイブ。

アナル・インベーダー
アナル・インベーダー

アナルバイブであるから、要するに一本バイブである。当然のことながら、両性のアナルに使えるばかりでなく女性の膣にも使える。

最大径30㎜、有効挿入長60㎜と小振りなサイズ。先端部分が柔らかく、更に先細りの形状をしているので挿入しやすい。サイズ感といい形状といい、初心者や入門者にも使用可能なアイテムと言えよう。

最後に広告チラシから文字を拾ってみよう。

アナル・インベーダー広告チラシ

  • 挿入しやすい形状
    ア○ルマニアも納得の挿入感。挿れやすく、初めてでも安心。
  • 快感増幅デザイン
    内部で動く度に快感が増す形状。ソフトな響きが脳まで響く。
  • パワフルな超振動
    内側をしっかりと撹拌するパワフルバイブ。魅惑の旋回機能で大満足。

完全防水メスイキバックバイブ9 ぷにっとアナルビーズ

国内メーカー製電動アナルビーズ。

完全防水メスイキバックバイブ9 ぷにっとアナルビーズ
完全防水メスイキバックバイブ9 ぷにっとアナルビーズ

ソフトシリコンを使用した「ぷにっとアナルシリーズ」の電動版。

ぷにっとアナルシリーズ
ぷにっとアナルシリーズ

商品名に「メスイキ」とあるのでドライオーガズムを志向したものと思われるが、当サイトとしては、当機の使用法をメスイキだけに限定せずに直腸の開発に使用できるのではないかと考える。


因みに「メスイキ」とは、元々は女性型ドライオーガズムのみを指していたが、徐々に男性型をも含めて「メスイキ」と称するようになった言葉。

尚、女性型&男性型ドライオーガズムに関しては、当サイト別記事「アネロスMGXとヒリックスとユーホー」に詳しい。


なぜ直腸の開発に使用することを推奨するかと言えば、当機の場合、広告チラシが7枚あるが、それらには「メスイキ」どころか「前立腺」や「ドライオーガズム」という言葉すらないのだ。

その代わりに「奥イキ」という言葉が多用されており、少なくとも広告チラシを閲覧する限りに於ては、メスイキを匂わせるものはない。

広告チラシ7枚綴りの内の2枚を見ればそれが分かる。もしかしたら「奥イキ」と「メスイキ」を間違えて商品名にしてしまったのではないかと勘ぐりたくなる。

完全防水メスイキバックバイブ9 ぷにっとアナルビーズ広告チラシ
完全防水メスイキバックバイブ9 ぷにっとアナルビーズ広告チラシ

ただ、だからと言って、当機がメスイキに向いていないということではない。直腸の奥までビードを挿入し、電気振動で直腸を開発し、その開発の結果として「メスイキ」を可能にすることは十分に考えられる。


当サイト別記事「ネクサスレボの裏技的な使い方」でブログ記事の一部を引用した遥美沙樹氏が監修したAV『オスガズム』シリーズでは、肛門から直腸にかけて10以上の性感帯が存在するという。

オスガズムに跡美しゅりがやってきた!男の肛門にのみあるという絶対的快楽領域・オスガズム!ユーザーからの応募が殺到する中、業界ではまだ誰もたどりつけていない男肛・秘孔13ポイントをドS少女が制御する。

『オスガズム』 跡美しゅり

5つのビード径は各21㎜23㎜26㎜29㎜33㎜。有効挿入長はメーカー発表で160㎜。
完全防水メスイキバックバイブ9 ぷにっとアナルビーズ広告チラシ
直腸の奥まで届く長さである。『オスガズム』などで直腸内の性感帯を研究しながら、メスイキを含めた様々なアナル性感を開発したいところである。

振動の数は9種類。
広告チラシ7枚綴りの内の1枚を掲載する。
完全防水メスイキバックバイブ9 ぷにっとアナルビーズ広告チラシ

ペニスクローンBOY

外国製非電動ディルド。

ペニスクローンBOY
ペニスクローンBOY

当サイト管理人ちょいスキのTwitterアカウントにて初めてバズった投稿が以下のものであった。

丸2日間リツイートが止まらず感覚がおかしくなったことを覚えている。


当商品『ぺニスクローンBOY』は、引用した『MYぺニスを作ろう!』と同じように自分のぺニスをディルドに複製できるキットである。

ディルド単体、吸盤付き、ローター付きの3種類があり、記述した順番に値段が高くなる。

ぺニスクローンBOYでは、MYぺニスを作ろう!にはなかった吸盤付きセットがあるところが特筆すべきポイントであろう。

また、基本価格がMYぺニスを作ろう!では税抜き価格5480円であるのに対し、ぺニスクローンBOYでは税抜き価格3480円から。

作り方は両者とも同じ。
作業手順に関してはNLS公式サイト『ペニスクローンBOY』商品解説ページにかなり詳しく掲載されているので、そちらを閲覧してほしい。

外国製振動&ピストン式吸盤付きアナルバイブ2本

バイブレーティングアスファッカー
バイブレーティングアスファッカー

ファッキングマシン
ファッキングマシン

ピストン式バイブの頂点と言えば『ストンピングラブボール』或いは、その正統的後継機とされる『hippoラブマシン』で異存あるまい。

ストンピングラブボール
ストンピングラブボール

hippo ラブマシン
hippo ラブマシン

だが、いかんせん両者ともボディーが大きく、基本的には床などに置いて使用するものなので、取り回しの点で劣ることは否めない。

そこで、ハンディタイプのピストン式バイブでいいものはないかとなるが、現在のところ、前掲2機種のような確固たる地位を確立したものはない 。


例えば、A10ピストンSAを製造販売しているRENDS社が、膣にもアナルにも使えるハンディタイプのピストン式バイブを作ってくれないものかと待望する。

当サイト別記事「A10ピストンSA&A10ピストンBASIC&NLSピストンのスペックの違いを比較する」で紹介した「レールボジョン」というピストン機構をそのままピストン式バイブにも応用できるはずである。


本新作2本に関しては、新作であるが故に良いとも悪いとも評価のしようがない。ピストン式バイブの命は膣やアナルに挿入した時に、止まらずに力強くピストンするか否かである。本新作2本が力強くピストンすることを願う。評価を待ちたい。

プリティラブ リアルディールスキンディルド

非電動ディルド

プリティラブ リアルディールスキンディルド
プリティラブ リアルディールスキンディルド

これは試してみたい新作ディルドの登場である。
当然のことながら、新作であるが故に結果としてアタリかハズレかは分からない。だが、試してみたい新作ではある。

蛇腹様の芯棒に伸縮性のあるガワ生地をまとった二重形成。サイズは最大径38㎜、有効挿入長155㎜と準極太。若干反り気味のフォルムはG&Pスポット責めも可能である。

プリティラブ リアルディールスキンディルド

これに「フィットリングトップ」などのカリ首増強サックを装着すれば完全にG&Pスポット責め専用ディルドとしてカスタマイズすることが出来る。

フィットリング トップ
フィットリング トップ

エネマで始める異物挿入性活3本

前立腺マッサージ器具。

エネマで始める異物挿入性活 ブルー
エネマで始める異物挿入性活 ブルー

エネマで始める異物挿入性活 ピンク
エネマで始める異物挿入性活 ピンク

エネマで始める異物挿入性活 ホワイト
エネマで始める異物挿入性活 ホワイト

前立腺マッサージ器具と言えば、アネロス社とエネマグラ社のものが不動の地位を確立している。正直、その不動の地位を脅かせるような他メーカーの前立腺マッサージ器具はない。

今回の新作は、価格が上記2社のものと比較すると数分の1ととにかく安い。何となくドライオーガズムでもやってみようかな、なんて軽い気持ちを抱いている者をターゲットにした「お試し品」的な位置付けの商品と邪推したい。

このような、まだ評価の定まっていない前立腺マッサージ器具を使用する場合、肛門括約筋やPC筋を締めたり緩めたりする方法よりも、当サイト別記事「肛門括約筋やPC筋を締めたり緩めたりするやり方で直腸の蠕動運動が起こらなかった人の為の、アネロスやエネマグラで前立腺ドライオーガズムを発生させる第3の方法」で書いた第3の方法の方が成功する確率が高い。

前立腺の位置が分からなくてもよいし、PC筋を日々トレーニングする必要もない。また、器具を特に選ばない。前述したような、何となく始めてみようかなと思っているような純粋な初心者に推奨したい方法である。

拡張トンネルプラグ

トンネルプラグ。

拡張トンネルプラグ
拡張トンネルプラグ

トンネルプラグとは、アナルプラグの中心を円筒状にくり貫いてトンネルのように貫通させたものを言う。「トンネル」から体内を覗いたり、液体や個体を注入したりして遊ぶ。基本的にはアナル用のプラグではあるが、膣に挿入することも出来る。

当新作は、XS、S、M、L、XLサイズの5つのサイズを揃えている。トンネル径は、最小のXSサイズが人差し指大、最大のXLサイズが人差し指&中指&薬指、指3本分大。徐々に拡張して行くことも可能である。

最後に広告チラシから文字を拾ってみよう。

  • 拡張トンネルプラグ
  • クリアカラーで内部丸見え
  • Men & Woman
  • 幅広いプレイが可能な多用途プラグ
  • 柔軟性と形状保持力を備えた透明色の拡張アイテム。開口プラグだけでなく観賞や洗浄等幅広く活用できます。
  • 全5サイズ

ぶるっちょ

一本バイブ。

ぶるっちょ
ぶるっちょ

UHA味覚糖のお菓子『ぷっちょ』の空容器をオナニーに使うという裏技がある。当機はそれをそのまま大人のおもちゃにしてしまったようなジョークグッズの王道。その名も『ぷっちょ』ならぬ『ぶるっちょ』。

容器の中に入っている内容物は、ソフトキャンディでもなく、グミでもなく、ラムネでもない。大人のおもちゃであるから当然のことながら容器の中身はバイブ。

商品名の「ぶる」とは、バイブレータが振動する時の擬音「ブルブル」に由来しているであろうことは容易に予想されよう。

カラーはクリアピンク、クリアブルー、クリアパープルの3色。値段も千円以下と「ジョークグッズ」と呼ぶに相応しい料金設定となっている。


3枚綴りの広告チラシを見てみよう。



丸文字を使うなど、どうやらターゲットは女性のようであるが、当然のことながら性別に関係なく両性のアナルにも使用可能。全長117㎜、最大径34㎜。