『性愛術の本』データベース

『性愛術の本』クレジット

題名
BooksEsoterica第38号 性愛術の本

副題
房中術と秘密のヨーガ

執筆
北端あおい
藤巻一保
土屋英明
吉田邦博
本田不二雄
紅花仙人
麻績文彦
梁瀬光世
矢沢潔

装丁
堀立明

発行
工藤徳治

編集
増田秀光(編集長)
吉田邦博
古川順弘
少年社
西智恵美
武田えり子
幣旗愛子

デザイン
堀立明
斎藤視倭子
高山靜美
たなかじゅんこ

協力
石井宏明
たなかじゅんこ
土屋英明
日本ユニ・エージェンシー
七面堂
共同通信社
奈良国立博物館
北京斉物秋水図書有限公司
吉田眞唯
沖縄インターネット放送
了仙寺
富士博物館
岡田明彦
遊星塾
ほか

出版社
株式会社学習研究会

初版
2006年2月27日

ページ数
230ページ

定価
1200円(本体価格)

『性愛術の本』出版社解説

SEXの神秘力

快楽の極限に神は見えるか?
中国・インドの秘伝から江戸の色道まで、
秘められた性愛テクノロジーを総紹介する!

帯より引用

禁じられた性の秘技・秘伝

中国の房中術、インドの秘密ヨーガから、江戸の色道、最新の性化学まで──
百花繚乱の性愛マンダラを読み解く!

表紙折り込み部より引用

気を自在に走らせて性能力を高める中国の房中術、性エネルギーの活用により神の領域にいたるインドのタントラヨーガ、異端密教として弾圧された性魔術としての日本の真言立川流など、宗教神秘主義とセックスの関わりを網羅紹介する究極の一冊!

学研出版公式サイト

『性愛術の本』目次

コラム

  • 幻想のエロス──悦楽と超越の秘密絵画を観る

第1章 性の神秘学──宗教に潜む超越的セクシュアリティの探求

  • 女神の子宮の中へ
  • 内なる異性と交わる
  • 身体を走る性の秘力
  • 永遠の若さを求めて

第2章 中国の房中術──神仙たちが授けた不老長生の性秘技

  • 中国の性愛術とは
  • 房中術のコスモロジー
  • 房中秘法①──内丹双修法
  • 房中秘法②──還精補脳
  • 房中術と現代医学

第3章 インドの秘密ヨーガ──大宇宙を産む性愛マンダラの秘伝

  • タントラとは何か
  • 愛経・愛秘のテクニック
  • 秘密ヨーガの身体論
  • シャクティを覚醒させる
  • タントラと房中術の比較

コラム

  • ポリネシアンセックス

コラム

  • 性神の図鑑──大らかにして力強き性信仰のかたち

第4章 江戸の色道──近世日本に華開いた性愛文化の驚異

  • 江戸人の性観念
  • 女陰観相術
  • 前戯の効用
  • 交接の奥義
  • 遊女のテクニック
  • 衆道の世界

コラム

  • 性の奇人・偉人伝──Sexual World biography
     マルキド・サド
     ザッヘル・マゾッホ
     ハヴロック・エリス
     マグヌス・ヒルシュフェルト
     ジグムント・フロイト
     ヴァン・デ・ヴェルデ
     アルフレッド・キンゼイ
     ヴェルヘルム・ライヒ
     ピエール・モリニエ
     ラジニーシ
     南方熊楠
     宮武外骨
     小倉清三郎
     伊藤晴雨
     梅原北明
     高橋鐵
     中村古峡
     田中香涯
     ほか

コラム

  • ニッポン性豪列伝

第5章 性科学こぼれ話──最新科学が語るセックスの謎と秘密

  • 美しい女性にバカはいない!?
  • バイアグラはなぜ効くのか
  • セックス「したい」脳と「する」脳
  • Gスポットと潮吹きをめぐる論争
  • 男はサル 女は女神なのか
  • このままでは日本民族は消滅してしまう!?
  • 締まりはよくなる?

第6章 魔術的エロスの世界──秘教に隠された性愛テクノロジーの奥義を探る

  • インド・チベット編──タントラ密教の性秘儀
  • 西欧編──黒魔術・魔女術と性秘儀
  • 中近東編──イスラム圏の性愛秘伝
  • 日本編──稚児灌頂と色道の秘伝

世界の性典ガイド──カーマ・スートラから江戸の艶本まで

性愛術ブックガイド


アダルトグッズのNLS