『タオ性科学 男性編』データベース

『タオ性科学 男性編』クレジット

題名
タオ性科学 男性編
Taoist Secrets of Love

副題
自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣
cultivating male sexual energy

原著者
謝明徳(マンタク・チャ)

翻訳者
鎌崎倬寿

発行者
薗部良徳

出版社
株式会社産学社エンタプライズ

ページ数
293ページ

定価
5600円(本体価格)

『タオ性科学 男性編』出版社解説

タオの房中術(修養法)は、男女が世俗のなかで生活を営みながらも、タオのいう霊的理論を育んでいける方法である。すなわち性エネルギーに意識を向けることで、初めてセックスの担っている機能を正しく理解し、それによって男女の性的な調和と心身の健康を図ることができるのだ。タオの伝統が、性の営みに関して、率直で現実的なアプローチをとる傾向があるのは、健康や人生全般に関して著しいほどの実用的な効果を上げていることに、その理由がある。

タオの伝統では、人間の霊性の発展段階を、精(=性エネルギー)→気(=生命エネルギー)→神(=スピリット)というように捉えている。男性の場合、「精」は体内で常に生産されているため、浪費を防ぎ、そのエネルギーを「気」「神(しん)」へと変容させることで生命エネルギーを高めていくことができる。本書では、こうした性エネルギー修養のためのタオの訓練法の数々が図解とともに紹介されている。すでにヒーリング・タオ・システムを実践している臨床家だけでなく、ホリスティックな視点に立つ「場の医学」の治療を志す臨床家にも役立つ書になるであろう。
産学社エンタプライズ公式サイト

『タオ性科学 男性編』目次

著者紹介

序文

  • タオの「相修法」と性愛の探求
  • 中国の房中術 西洋人にも有効か?

タオの性エネルギー修養法 原理の要約

PART1 基本的な考え方 煉精化気 煉気化神

  • 第1章 精子のなかに貯蔵されている男性の性エネルギー

     性の霊薬がもつ驚くべきパワー
    セックスのもつ霊的パワーは、なぜ秘密にされ続けたつのか?
    いまなぜ秘密が明かされるのか?

  • 第2章 「気」のエネルギーとは何か?

     気:人体を流れる電気
    からだの中の「精」あるいは「性的エッセンス」のはたらき
    気のエネルギーの諸相
    食欲と性欲の違い

  • 第3章 性の秘技と生物学

     生涯に消費される精子の量
    男性はからだの中に核エネルギーをもっている!
    健康に及ぼす性ホルモンの生物学的な重要性
    自然界における死とセックス

  • 第4章 性の経済学

     猛威を振るう若者の性的欲求不満
    セックスとスーパーアスリート
    セックス、コミットメント、そして結婚
    精液漏出の道徳的な影響
    百家争鳴:セックスで健康になれるか

  • 第5章 世界の秘教的伝統におけるセックス

     タオとタントラの相違点
    カレッツァとコイタス・レザヴァタス

PART2 性愛修養のためのタオ訓練法

  • 第6章 踊る睾丸:骨盤部を鍛えるエクササイズ

     骨盤隔膜と尿生殖隔膜
    陰嚢は冷たい精液のエネルギーを上方に向かって吸い上げる
    仙骨ポンプと頭蓋ポンプ
    睾丸呼吸法の三つの姿勢:座位、立位、臥位
    睾丸呼吸:段階的修得法
    金津
    陰嚢で圧縮された空気で性のパワーを高める
    陰嚢圧縮:段階的修得法
    高血圧のための圧抜き運動
    精液を封じ込めるためのパワーロック法
    パワーロック法実修の4段階
    パワーロック:段階的修得法
    睾丸圧縮法、陰嚢圧縮法、パワーロック法の留意点
    からだを浄化する副作用
    睾丸呼吸法のまとめ
    陰嚢圧縮法のまとめ
    パワーロック法は性的煉丹術の基盤である

  • 第7章 性エネルギー変容の秘訣 陰陽の両極性

     陰と陽:性の戦い
    陰陽エネルギーの微妙なバランスによる高次のオルガズム
    思いやりをもって陰のエッセンスの準備を持つ
    情熱を高める技巧:タイミングと頻度
    エネルギーの流れに影響するセックスの体位
    早漏には冷水浸け
    持久力をつける百数え
    玉茎の四つの到達段階
    九浅一深押突法

  • 第8章 精液保持の秘訣

     小周天の通路に「気」を循環させる方法を習得する
    小周天の重要性
    外閉法:三指法
    タイミングと注意事項
    外閉法を行ったあとに会陰をマッサージする
    生み出されたパワーの大きさを知る
    外閉法を行ったあとに性エネルギーを頭部へと循環させる
    外閉法の要約
    内閉法:甘露を金華へと引き上げる
    射精を遮断する還精補脳法の秘密のステップ
    女性のための還精補脳
    還精補脳法とマスターベーション
    朝の勃起は力強い気をもつ
    頭部にある強烈なエネルギーを発散させる
    自己制御による自動的禁精法

PART3 性エネルギーを霊的な愛に変容させる

  • 第9章 陰陽交媾:谷間のオルガズムの修養法

     谷間のオルガズムの要約
    避妊法としての還精補脳法
    相修法に対する女性の意見

  • 第10章 性エネルギー修養における霊性の7段階

     相修法はいかがわしいか?
    左手道
    右手道の修養法
    タオにおける無手道
    タオの性エネルギー修養法の7段階

  • 第11章 オルガズムと無為 マイケル・ウィン

     極性を保つ:陽であるとはどういうことか?

  • 第12章 精液の保持に関する一般的な質問
     
  • 第13章 タオの性の修養法 実修者の体験

     29歳、弁護士の体験
    45歳、実業家の体験
    37歳、教師の体験
    27歳、電気技師の体験
    67歳、ドライクリーニング業者の体験
    30歳、調理師の体験
    38歳、衣料品工場オーナーの体験
    38歳、エグゼクティブの体験

  • 第14章 輝かしく健康なセックスを保つための実践ガイド

     行為に先立つ48時間前から、パートナーのエネルギーと波長を合わせておくこと
    前戯はゆったりとした雰囲気ではじめること
    たくさん食べたあとでは愛を交わさない
    行為の20分前に排尿を済ませておくこと
    荒れ模様の天候でのセックスは、健康を害する可能性がある
    行為の前後に激しい肉体労働は避ける
    人工的な性玩具には頼らない
    セックス直後の入浴やシャワーは避ける
    女性のなかに強く突きすぎないこと
    精力は春にもっとも旺盛になる
    からだが不調のときは、受け身の側にまわる
    情熱のない型通りの日課になってしまったら、愛を交わさない
    興奮するために性的妄想に頼るのは避ける
    手近なところで枕をいくつか揃えておく

  • 第15章 男性の性機能を増進するためのエクササイズ

     性不能症を癒やす
    夢精を防ぐ方法
    ストーブを暖める(起火)
    丹田(下丹田)をマッサージする
    腱、骨髄、骨を調和させる
    タオの排尿秘伝
    腎臓と背部強化のための6つのエクササイズ
    ペニスを大きく、長くする方法
    ペニスの感度を弱める方法
    勃起を強める
    ペニスのリフレクソロジー・マッサージ
    インディアン・ロープ・バーンマッサージ
    精子の数が増加する4つの方法
    前立腺のマッサージ
    肛門ポンプ圧縮エクササイズ
    舌を鍛える舌カンフー
    性的能力を高める温冷浴
    ホモセクシャルがエネルギーの調和を図るには
    太陽から性エネルギーを吸収する方法

  • 第16章 鍼灸・薬草によって、弱まった性エネルギーを癒やす

     鍼灸を使って性的不能を治す方法
    性的不能のための特殊な経穴
    食事によって性的なヴァイタリティを回復させる
    食べ物の過剰摂取
    食事療法の季節性とセックス
    陰陽のバランスを達成するために、男女それぞれがとるべきステップ
    性器のための食べ物

  • 第17章 すべての男性が知っておくべき女性の性についての生物学的知識

     子宮
    排卵
    子宮頸管粘液
    排卵期以外の粘液
    月経
    月経の間隔
    感情面の変化
    女性の性を解剖する
    性感反応の周期

訳者あとがき


アダルトグッズのNLS