『アナル・バロック』データベース

『アナル・バロック』クレジット

『アナル・バロック』表紙

題名
アナル・バロック

著者
秋田昌美

著者紹介

一九五六年、東京生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒。少年時代、ザッパとシュルレアリズムに感銘、ビザールなものに魅せられる。ノイズ、サブカルチャーなどをモチーフにマニアックな文筆活動を続ける。
著書に、『フェティッシュ・ファッション』『ノイズ・ウォー』『性の猟奇モダン』(ともに青弓社)、『スカム・カルチャー』『裸体の帝国』(ともに水声社)、『日本緊縛写真史』(自由国民社)などがある。また、ノイズ・ユニットMERZBOWで世界的に活動している。

奥付より引用

表紙図案
ABTECHTONIX

発行者
矢野恵二

発行所
株式会社青弓社

ページ数
185ページ

初版
1997年4月30日

定価
2200円(本体価格)

『アナル・バロック』出版社解説

清らかで染み一つない球状の大地──お尻。その谷底に隠された秘穴と体内からの黄金に輝く贈り物・糞便がおりなす性愛宇宙。スパンキング、灌腸、美尻比べ……羞恥と快楽、性と排泄の中間に位置する淡いエロジェニック・ゾーンをのぞく。

青弓社公式サイト

『アナル・バロック』目次

1.アナル・バロック

  • 糞便黄金論
  • スカトロ・アートの系譜
  • ウィーン糞尿アート紀行
  • 美尻伝説
  • スパンキングの歴史
  • エネマの歴史
  • 猥雑なる食の快感

2.糞の見える風景

  • 日本肛門美の追及──徳川の性典から
  • 金城朝永の糞尿民俗学
  • SM、窃視、乱歩の時代
  • ヨニの民俗

初出一覧