『30日でマスターするインナーセックス』データベース

『30日でマスターするインナーセックス』クレジット

30日でマスターするインナーセックス

題名
30日でマスターするインナーセックス

原題
Inner Sex In 30 Days

副題
性生活充足プログラム

著者
キース・ハラリー
Keith Harary
パメラ・ワイントローブ
Pamela Weitraub

著者紹介

キース・ハラリー
「意識の新境地」と「人間の潜在意識」に関する研究で世界的に有名な心理学者。臨床心理学、実験心理学に造詣が深い。心理研究の分野ですでに六十編以上の論文を発表しており、その研究成果は医学雑誌、一般雑誌、四十冊もの書物によって取り上げられている。共著の『マインド・レース』は米国でベストセラーとなっている。現在はアドバンス・サイコロジー研究所の所長でサンフランシスコに在住。

パメラ・ワイントローブ
雑誌「オムニ」の編集主幹。その前は雑誌「ディスカバリー」のスタッフ・ライターであった。「おなかの子供のあやしかた」「動物を救おう」「一九九〇年代の不況に勝つ二五の鍵」など九冊の本の著者、共著者。

「著者について」より引用

ハラリー&ワイントローブ共著
三〇日間でマスターするアウト・オブ・ボディ体験
三〇日間でマスターする自覚夢
三〇日間でマスターする神秘体験
三〇日間でマスターは「記憶」強化術
三〇日間でマスターする右脳開発法

訳者
大地舜

監修
大島清

装幀
倉田明典

本文デザイン
人見祐之

発行者
増田義和

発行所
株式会社実業之日本社

ページ数
188ページ

初版
1993年10月20日

定価
757円(本体価格)

『30日でマスターするインナーセックス』出版社解説&当サイト補足説明

出版社解説

【めくるめく官能の世界を開く性生活充足プログラム】
インナーセックスの訓練は、隠された性的願望を明るみに出し、感受性を高め、エロチシズムを通じて、パートナーとの相互理解、生の充足感、深いリラックスをもたらす。従来のセックス技術本とは次元を異にして、単に性的に満足できるだけでなく、宇宙との絆を感じさせ、至福の世界へと誘う。

表紙側折り返しより引用

当サイト補足説明

本書では、果物のオレンジを手に取って、色、重さ、味などを全ての感覚を総動員して感覚するところから始まり、最後に宇宙=森羅万象と一体化するところで終わる。これを三〇日間でマスターする訓練法が本書のテーマである。前掲した5つの共著を見ての通り、本書もまた自己啓発や能力開発の類いであり、そのココロは、禅、タントラヨガ、仙道房中術、密教、西洋性魔術に於ける「性の神秘」をフロイトやユングから続く「心理学」という見地から語ったものである。性によって至高の境地に至るためのハウツー本。

『30日でマスターするインナーセックス』目次

監修にあたって───大島清

はじめに

第一週 官能に目覚める

  • 第一日───禁断のフルーツ
  • 第二日───愛の基地
  • 第三日───官能を呼び覚ます
  • 第四日───セクシャル・センター
  • 第五日───一対一
  • 第六日───自己愛
  • 第七日───曼陀羅(まんだら)

第二週 エロチシズムの領域に入る

  • 第八日───初めての共感
  • 第九日───ワークアウト(トレーニング)
  • 第一〇日──男性のためのフィジカル・エクササイズ
  • 第一一日──ラブ&バイト(噛む)
  • 第一二日──泣き声・ささやき
  • 第一三日──愛の道具
  • 第一四日──愛の織物

第三週 直感的なセックス

  • 第一五日──孤独な要塞
  • 第一六日──ミラーイング
  • 第一七日──トランスパーソナル・フォーカス
  • 第一八日──愛する人の中に入る
  • 第一九日──男女両性の行動
  • 第二〇日──アニマル・アトラクション
  • 第二一日──フィールド・オブ・ドリームス

第四週 宇宙との結合

  • 第二二日──ファンタジー・デート
  • 第二三日──最後の共感
  • 第二四日──自然が歌う
  • 第二五日──この世の歓喜
  • 第二六日──オーガズムの新境地
  • 第二七日──宇宙への旅
  • 第二八日──果てなき限界

最終週 第二九・三〇日

身体障害者のかたがたへ

訳者あとがき