A10サイクロンSA+PLUS&A10ピストンSAのオナホール固定具『スタンドベーシック』

はじめに

当サイト別記事「A10ピストンSA&A10ピストンBASIC&NLSピストンのスペックの違いを比較する」では本体を、「A10サイクロンSA専用ホール全種類比較」および「A10ピストンSA専用ホール全種類比較」ではA10SAシリーズ2機種の専用オナホールを取り上げたが、今回の記事でははそれら全4機種に共通する専用オナホール固定具『スタンドベーシック』を取り上げたいと思う。

当サイトで言うところのオナニー三種の神器=オナホール固定具、オナホールウォーマー、催眠音声。これらはなぜ販売されているのであろうか?

それは、これら三種に有用性があるからに他ならない。個別の商品には一長一短があるにせよ、三種の基本的なコンセプトそれ自体には有用性があるのだ。

そして、当記事で取り上げるスタンドベーシックに関しても、やはり一長一短はあるものの、これがあるのとないのとでは大違い、有用性は確実にある。


例えば、A10ピストンSAの場合。
手で持って本体を稼働すると、その本体の動きに手が持っていかれてA10本体も動いてしまい、ピストンの効果が殺されてしまう。ところが、スタンドベーシックで本体を固定すると、ピストンの効果はほぼ100%発揮されることになるのだ。

また、サイクロン本体重量は約1.5㎏、ピストン本体重量は約2.5㎏。それなりの重さを腕で支え続けることはオナニーの集中力を削いでしまうことになる。だが、固定具があればそのストレスをほぼ無にすることが出来る。

スタンドベーシックがひとつあれば、A10SAシリーズ本体にまつわるいくつかのデメリットを克服できることは確実である。

スタンドベーシックのメリットとデメリット

前項で「個別の商品には一長一短がある」と書いたが、スタンドベーシックには先に揚げた振動や重量に対するメリットばかりではない。当然のことながら、当固定具にもメリットとデメリット=一長一短が存在する。

詳しくは、NLS公式サイト当該商品解説ページおよびカスタマーレビューを精査していただきたいが、当記事ではその代表的なメリットとデメリットを箇条書きで抜粋してみよう。

【メリット】

  • これがあるとなしとでは大違い
  • 本体の重さが気にならず、ハンズフリーで楽
  • 固定力と安定感に優れている
  • 誰かに奉仕されているよう
  • 没入感と集中力が高まる

【デメリット】

  • 取り付けが手間
  • 固定する角度や高さの調整の自由度が低い
  • 設置に時間がかかる
  • ローションが垂れて床がベチャベチャになる

総評としては、一長一短はあるが、スタンドベーシックで本体を固定するかしないかで使用感に大きな違いが出るということである。

対応機種と注意点

対応機種については以下の4機種になっている。

  1. A10サイクロンSA+PLUS
  2. A10ピストンSA
  3. A10ピストンBASIC
  4. NLSピストン

旧型『A10サイクロンSA』には対応していないので注意が必要である。A10サイクロンSAには旧型『A10
サイクロンSA』と新型『A10サイクロンSA+PLUS』があり、スタンドベーシックは新型のみに対応している。

また、テーブルや机など、スタンドベーシック自体をガッチリと固定できるものがないと上掲4機種とも使用できないので、この件についても注意を要する。


【NLS公式サイト】