前立腺ドライオーガズム、メスイキ時の体位体勢姿勢シリーズ①横向き編

前立腺ドライオーガズム、メスイキ時の体位体勢姿勢シリーズ①横向き編

横向き姿勢の基礎知識

側臥位(そくがい)、シムズ体位とも。
床面に寝転がりながら左右どちらかの脇腹を下にして、両膝または片膝を折り曲げる体勢。アナルオナニーに於いては、利き腕で指や器具を扱うため、利き腕と反対の脇腹を下にすることが慣例。

一般的にはこの姿勢が前立腺マッサージ器具を挿入する際の基本となる体位とされており、この体勢が指や前立腺マッサージ器具をアナル内に挿入した時に最もフィットしやすいと言われている。

医療の世界でも、この体位を「シムズ体位」と呼び、直腸検査や浣腸をする際の基本の姿勢となっている。即ち、肛門に異物を挿入する場合、この横向きこそが合理的にして最適な体位ということになる。

19世紀アメリカ合衆国サウスカロライナ州の婦人科医 J・マリオン・シムズ (J. Marion Sims) に由来する、直腸検査や、治療、浣腸などに用いられる姿勢。

Wikipedia「シムズの姿勢」

横向き姿勢の裏技

脚膝屈伸

横向き姿勢の裏技としては、脚や膝を曲げ伸ばしする「脚膝(きゃくしつ)屈伸」で、前立腺に対するマッサージ器具の当たり具合を調整することが挙げられる。

膝を曲げて胸に近づければ、前立腺に対してマッサージ器具は深く強くヒットし、膝を伸ばして脚を真っ直ぐにすれば、前立腺に対してマッサージ器具は浅く弱くヒットする。

ただ単に側臥位になってジッとしていることもある意味で技のひとつとも言えるが、ジッとしていても何も起こらない場合、脚膝屈伸して器具が前立腺に対してドライオーガズムを誘発するスウィートスポット=「ドライのツボ」に当たるように調整する。


前立腺はクルミほどの大きさであるが、そのクルミほどの大きさの前立腺に米粒大のドライオーガズムを誘発するスウィートスポットがある。そのスポットのことを当サイトでは「ドライのツボ」と呼んでいるのだ。

このドライのツボにマッサージ器具がシッカリとヒットしていることが重要である。それ故に、先ずは自分のドライのツボがどこにあるのかを知ることがドライオーガズムへ至る近道となる。

そのドライのツボの探し方についてであるが、当サイト別記事「セルフスティックでドライのツボを探せ」や「ネクサスレボの裏技的な使い方」で述べたので、そちらを参考にしていただきたい。

内股連鎖

脚膝屈伸でドライのツボをシッカリとヒットすることができたら、今度は股間を内股にしたり外股にしたりして「内股連鎖」という裏技を試してみる。

人体は、股をキュッと閉じて内股にすると、性器と肛門の間にあるPC(ピューボコクシギアス)筋=オシッコを止める時に使う筋肉もそれに連動して引き締まるように出来ている。

PC筋が引き締まるとその動きに押されて前立腺マッサージ器具も動くことになる。そして、器具が動くとそれに連鎖して直腸の蠕動(ぜんどう)運動を引き起こしやすくなるという算段である。


直腸の蠕動運動?とチンプンカンプンな方もいるだろう。当サイト別記事「アネロスやエネマグラなどの前立腺マッサージ器具がドライオーガズムを発生させるメカニズム」で、直腸の蠕動運動の重要性について述べたがここではその一部を引用しておこう。

アネロスやエネマグラなどの前立腺マッサージ器具を使う場合、直腸の蠕動運動+器具の自律運動=ドライオーガズムと言っても過言ではない。前立腺ドライオーガズムとは直腸の蠕動運動により、器具が人間の意識や意志などの「作為」を介在させることなく、自動的に、自律的に前立腺を刺激することから発生するからである。言わば、器具が勝手に動いてオーガズムを発生させるという訳である

当サイト当該記事

引用文の根拠や理屈に関する詳細については当該記事をご一読願いたいが、簡単に言えば、直腸が動くと器具そのものが直腸の動きに連鎖して自動的に動き出し、器具のその動きが前立腺を刺激してドライオーガズムを誘発するということである。

要するに、人間の側が何もせずとも前立腺マッサージ器具がほぼ自動運転でドライオーガズムを発生させてくれるということである。


内股にするだけで上手く行けば最大5連鎖まで行く計算になる。直腸の蠕動運動までの3連鎖に加え、器具の自律運動で4連鎖、最終的にドライオーガズムに発展することで都合5連鎖となる。

内股にする→①PC筋が動く→②器具が動く→③直腸の蠕動運動→④器具の自律運動⇒⑤ドライオーガズム

だが、現実的には「③直腸の蠕動運動」から先の連鎖がなかなか発生しないものである。前立腺ドライオーガズムを達成するのに数年の時間を要する者もいるが、それはこの「直腸の蠕動運動+器具の自律運動」が起きないためである。

当サイトとしては、その対策として別記事「コラム:「三分の一の締め付けは、エネマグラでドライオーガズムに達する時の最後の重要な動きである。」」を掲載したので是非ともご一読願いたい。

まとめ

当記事のまとめとしては、先ず脚膝屈伸で前立腺マッサージ器具をドライのツボに確実にヒットさせ、内股連鎖で前立腺マッサージ器具を動かすことによって直腸の蠕動運動+器具の自律運動を誘発し、最終的にドライオーガズムを達成するということになる。

脚膝屈伸と内股連鎖は、横向き姿勢だけでなく様々な体位体勢姿勢で使える裏技である。言うなれば、裏技の中でも表技に近い裏技と言ったところであろうか。裏技の基本となるものなの押さえておきたい。

当シリーズ記事別リンク集


アダルトグッズのNLS

アネロスは… 1