アナルオーガズム直腸覚醒編

アナルオーガズム直腸覚醒編

先ずは引用文をお読みいただきたい

今回は、ディルドやプラグ、前立腺マッサージ器具など、お好みのアナルグッズを挿入する前に、アネロステンポで慣らし作業をするとスゴイことになるという話をしたい。

先ずは、下掲の引用文を読んでいただければ、何がどのようにスゴイことになるのかがご理解いただけると思う。

尚、引用文は通販サイトNLS公式サイトと通販サイト大魔王公式サイトに掲載されているアネロステンポのカスタマーレビューからそれぞれ一部を抜粋したものである。

【NLSカスタマーレビュー】

  • 自分にとってはですが、アナルの感度が飛躍的に高まりました。(中略)このテンポを使った後のユーホーが恐ろしく気持ちが良いです。(中略)テンポを使った後のユーホーはアナル内のどこに当たっても、弾けるほど感じます。そして耐えられなくなります。
  • 使用時にはお湯等で人肌に温めてから使用すると、腸を刺激せず且つGエリアを活性化させてくれます。他のアネロスシリーズの前座或いは前準備として使用すると、感度が上がって良いです。(中略)本命前の前座としても万能選手となる事でしょう。


NLS「ANEROS TEMPO」

【大魔王カスタマーレビュー】

  • ステンレスが発する熱と重さが直腸内の感覚を鋭敏にし、開発が進み、他のエネマグラで女性型のオーガズムを感じる素地を作ってくれる。
  • 前立腺とは無関係のように思えますが、1時間ほどして、EX2などにしたときの感度が別物でした。腸がかきまわされて前立腺も刺激しやすくなっているのかな?


通販大魔王「アネロス TEMPO」

いかがであろうか?
アナルグッズを挿入する前にアネロステンポを使って慣らし作業をするとスゴイことになるという意味がお分かりいただけたと思う。

引用文を当サイトなりにまとめると以下の通りになる。

  • アナルの感度が飛躍的に高まる
  • Gエリア(=直腸前壁、前立腺、膀胱、精嚢など)を活性化する
  • 直腸内の感覚を鋭敏にする
  • 前立腺の感度が別物になる

当然のことながら、百人が百人、全員が引用文のようになるとは限らない。だが、不特定多数の者がテンポに対して同じような感想を持ったということは、誰にでもその可能性があると判断してよいだろう。

では、なぜこのような現象が起きるのか?
それは、アネロステンポで慣らし作業をすると、肛門からS字結腸にかけて、直腸全体が活性化されるからに他ならない。

直腸が活性化するとは、直腸が性感器官として覚醒するということである。言わば、テンポを慣らし作業用の器具として使うと、直腸が丸ごと性器のようになるのだ。

アネロステンポの基礎知識

アネロステンポの歴史

ところで、アネロステンポとは何か?
アネロステンポとはアネロス社から発売されているステンレス製の器具のことである。

構成は画像上から、頭部→クビレ→第一のコブ→直線部→第二のコブ→クビレ→エンドの7部構成となっている。

元々は痔の治療器具として開発されたペリスタルが基本となっており、ペリタイズへと商品名が変更された後、そのペリタイズを金属製に発展させたものがテンポである。

アネロスジャパン公式サイトに掲載されている「アナルを刺激するユニセックスモデル」から一部を引用してみよう。

2008年にアネロスの初ユニセックス(男女兼用)モデルのペリダイスが誕生しました。そして2011年にこのペリダイスに重量を持たせ、変化のある動きをするデザインでアネロス初の医療用ステンレススチールモデルのテンポが発売されました。
ペリダイスは発売当初『ペリスタル』という名前で販売されました。この名前の由来は英語の蠕動運動『Peristaltic Movement』です。ペリダイスはアネロスの前立腺マッサージ器と同様に蠕動運動を誘発し、下半身のトレーニングを行い、ドライオーガズムを発生させます。

アナルを刺激するユニセックスモデル

当記事に於けるテンポの用途は「慣らし作業」であるが、アネロス社の公式な用途としては以下の3つになる。

  • 蠕動運動の誘発
  • 下半身のトレーニング
  • ドライオーガズムの発生

尚、蠕動運動とドライオーガズムの関係が今ひとつ判然としない場合は、下に引用した当サイト別記事「アネロスやエネマグラなどの前立腺マッサージ器具がドライオーガズムを発生させるメカニズム」からの抜粋をお読みいただきたい。

直腸が大便などの異物を排出しようとする直腸の動きを「蠕動運動」という。直腸壁がミミズのように伸びたり縮んだりしながら大便を肛門に向かって運ぶ動きを指している。
前立腺マッサージ器具も直腸からすれば大便と同様に異物となるので、当然のことながら直腸は器具が挿入されるとそれを異物として排出しようと蠕動運動を起こす。
ところが器具は肛門の位置で固定されているため、直腸が異物を排出しようとしても排出できない。それどころか逆に排出しようとした力の分だけ反作用の力が働き、器具は直腸内部に引き戻されてしまうのだ。
前立腺マッサージ器具は、この作用反作用の働きによって出たり戻ったりを繰り返す時に、ヘッド部分が腹側と背中側を行ったり来たりするように設計されている。
そして、ヘッド部分が腹側に動いた時に前立腺に当たり、背中側に動いた時に前立腺から離れるという動きを繰り返す。
この動きに前立腺が刺激されてオーガズムが発生するというのが前立腺マッサージ器具を使った場合のドライオーガズム発生のメカニズムである。

当サイト当該記事

アネロステンポの公式な使い方

前節で引用したアネロスジャパン公式サイト「アナルを刺激するユニセックスモデル」にはペリタイズおよびテンポの使い方が記されている。それが言わば、アネロス社に於けるテンポおよびペリタイズの公式な使い方と考えてよいだろう。

ユニセックスのペリダイスは、Hemorrhoid(痔)の治療器として開発され、アナルの刺激のみで蠕動運動を誘発することに特化したモデルであるため、前立腺マッサージ器と動かし方が異なります。
ペリダイスとテンポは頭部が肛門の入口を通過し、第一のコブがまだ肛門に入っていない状態で留めるように挿入します。その後PC筋と肛門括約筋の収縮によって本体を動かし、アナルの刺激だけで蠕動運動が誘発され、ドライオーガズムが得られます。

アナルを刺激するユニセックスモデル

頭部と第一のコブの間にあるクビレ部分を肛門で挟み、PC筋や肛門括約筋を締めたり緩めたりすることによってドライオーガズムを発生させるというのが、アネロス社の公式なテンポおよびペリタイズの使い方となる。

即ち、上記の方法を用いれば、先述した3つの用途「蠕動運動の誘発」「下半身のトレーニング」「ドライオーガズムの発生」が可能となるということである。

ただ、「ドライオーガズムの発生」に関しては、ペリタイズやテンポは上級者用の器具とされており、マニュアル通りに使ったところで思い通りにドライオーガズムを誘発できる可能性は低い。

そう言う意味で、テンポをドライオーガズムを発生させるためではなく、慣らし作業のために用い、慣らし作業を終えてから他の前立腺マッサージ器具に差し替えた方が「可能性」という点でより確実だと言える。

アネロステンポを使った慣らし作業のやり方

慣らし作業とは、これによってオーガズムを誘発するのではなく、オーガズムを誘発するためにアナルと器具を馴染ませるための下準備のことを言う。単に「慣らし」と呼ぶこともある。


実は、アネロステンポを使った慣らし作業のやり方に特別な方法はない。テンポを肛門から挿入したら、テンポ本体が体温と馴染む温度になるまで待つ、これが基本である。そして、この基本をアナニーの度に必ず遂行する。

毎度この基本を繰り返していると、当サイト別記事「アナルオーガズム肛門開発編」で取り上げたヘッブの法則によりアナルに性感神経が出来てくる。

一度や二度試しただけで、アナルが丸ごと性器になるなどと虫のいいことは考えず、アナニーの度にテンポを使った慣らし作業を繰り返す。繰り返すことによってアナルは変態するのだ。

一般的に慣らし作業の時間は30分から1時間が目安とされている。だが、他の慣らし用の器具を使った場合とは異なり、テンポを使う場合は熱や温度が目安となる。

即ち、最初はヒンヤリと冷たかったテンポ本体が体温で温まり、体温との温度差に違和感が感じられなくなるまでが時間的な目安と考えればよい。

挿入長に関しては「公式な使い方」のようにヘッド部分と第一のコブの間にあるクビレ部分まで入れるという使い方だけではなく、第二のコブとエンド部分の間にあるクビレ部分まで入れる使い方をしてもよい。

また、慣らし作業は飽くまでも「下準備」であるが故に、一般的には動かずにジッとしているものである。だが、テンポに於いては「公式な使い方」のように適宜、PC筋や肛門括約筋の締緩をして直腸壁の蠕動運動を促してもよい。

テンポを使った慣らし作業に於いて重要なことは、金属で出来ているテンポ本体が熱伝導で体温と馴染むまで待つことである。これがアネロステンポを使った慣らし作業のやり方となる。

慣らし作業が終わり、他のアナルグッズに差し替えた時、肛門からS字結腸にかけてのアナル全体が性器に変態しているかもしれない。

【大人のおもちゃ大魔王公式サイト】

【NLS公式サイト】

【アネロス公式サイト】