ネクサスレボの裏技的な使い方

ドライオーガズムを発生させる2つの項目

前立腺マッサージ器具を代表するメーカーが米国ANEROS社なら、電動式前立腺マッサージ機を代表するメーカーは英国NEXUS社となろう。

本国イギリスの事情はいざ知らず、当サイト=大人のおもちゃドットコムでは、ネクサスレボの位置付けを、ドライのツボを自動的に検出し、ドライオーガズムを発生させる前立腺マッサージ機と設定している。

NEXUS REVO STEALTH WP
NEXUS REVO STEALTH WP

「ドライのツボ」とは別記事「セルフスティックでドライのツボを探せ」で述べたドライオーガズムを誘発する前立腺の重要箇所のこと。

実は前立腺には米粒大のスイートスポットがあり、そこを刺激すると途端にドライオーガズムが発生することがあるのだ。言わば、「ドライのツボ」のようなものである。
当サイト別記事「乳首は子宮と前立腺につながっている」で述べた「前立腺小室」という前立腺の内部に存在する子宮の痕跡と言われる部位ではないかとされている。
セルフスティックでドライのツボを探せ

当記事では、ネクサスレボがこのドライのツボを自動的に検出し、ドライオーガズムを誘発する方法を2つの項目に別けて解説しようと思う。以下がその2つの項目である。

  1. ネクサスレボを30分スイングさせる
  2. 足ピンしながら亀頭に触る

この2つの項目を実行すれば、ネクサスレボが自動的にドライのツボを検出し、ドライオーガズムを発生させることと相なる。

ネクサスレボを30分スイングさせる

当方がこの裏技を知ったのは遥美沙樹氏のブログを閲覧したことによる。遥美沙樹氏とは日本性科学会会員にしてドライオーガズムAV『オスガズム』シリーズを監修したその道の達人とされる人物。

nexus使っても気持ちよくなれないよ!って方へメッセージ。数人のアナニスト(アナニーを極めた者の総称)たちからこんな情報が。仰向けに寝て30分くらいバイブを入れずに回転だけにして入れておくと・・・突然始まる!!!!!のだそうです

遥美沙樹:界

仰向けに寝たまま会陰部のバイブ機能はオフにしてスイング機能=回転させたままにしておくと、ドライオーガズムが「突然始まる」というのである。

これは「アナニーを極めた者」だから始まるのであって、必ずしも万人に通用する方法ではない。ドライ未経験者などでは始まることもあるし始まらないこともあるというのが正直なところであろう。

重要なことは、初心者であろうと上級者であろうと、ネクサスレボのスイング機能を一定時間使い続けると前立腺が自動的にドライオーガズムの方向に向かうということである。

アネロスなどの非電動式の前立腺マッサージ器具では、前立腺に対してヒットするポイントがほぼ固定されてしまう。その固定されたポイントがドライのツボから外れたところである場合、ドライオーガズムが成功する可能性は低くなる。

対して、ネクサスレボのスイング機能は揉み玉のようなものが前立腺に対して常にグリグリと動くので、前立腺をヒットする範囲が広がるのだ。非電動式は「点」で、電動式は「面」で前立腺を刺激するということである。

ネクサスレボの揉み玉

ヒットする範囲がより広くなればドライのツボを刺激する可能性がより高まり、前立腺がオーガズムを発生させる方向に向かうという算段である。

但し注意しなければならないことがある。
PC筋や肛門括約筋を動かして器具を操作をしないことである。特にアネロスやエネマグラを使ったことがある者はPC筋や肛門括約筋を動かしてしまいがちなので注意されたい。

ネクサスレボのような電動式前立腺マッサージ機はアネロスやセルフスティックなどとドライオーガズムを発生させるメカニズムが違う。ネクサスレボの使い方の基本は「アナニーを極めた者」と同様、機械に任せて何もしないことである。

仰向けに寝たまま何もせず、ネクサスレボを30分スイングさせる、先ずはこれが当サイトに於けるネクサスレボの裏技的な使い方の基本項目となる。

足ピンしながら亀頭に触る

「アナニーを極めた者」のように項目1のみでドライオーガズムが「突然始まる」事態になればいいが、誰しもそう上手く行くものではない。そこで次に「足ピンしながら亀頭に触る」という項目が追加される。

この件に関しては、大島薫氏のツイートをまとめたサイト『一人でドライしようまとめ』を参考にしながら解説を進めよう。

大島薫氏は当サイト別記事「大島薫著『セックスよりも気持ちイイこと』データベース」で取り上げた元男性AV女優にして作家、「性」を多角的に探求するセクソロジストである。

エネマグラ等の前立腺開発器具を用いましょう。ボクのオススメはNEXUSという前立腺用おもちゃです。 それらを使いながら、一時間くらいおちんちんに触らずに横になっていてください。さあ、ここからです。まず、足をピンッと伸ばして、真っ直ぐにしますM字開脚のような体勢より、ドライ向きです。 ここで初めて亀頭に手を伸ばします。一瞬手が触れただけで、物凄い勢いでエネマグラが奥に吸い込まれるのがわかると思います。そこがあなたのポイントです。
あとは飽きるまで亀頭を触りましょう。エネマグラがズレないように、足をピンと伸ばしたまま。上手くイけない人は乳首も触ってみましょう 途中、泣きそうになったり、気付くと勝手に大声を上げていたり、ちょっと違う世界に行ったりもしますが、大丈夫です。

一人でドライイキしようのまとめ

引用文の重要箇所を時系列で箇条書きにすると以下の通りとなる。

  • 1時間ほどペニスを触らずネクサスレボを使う
  • 足ピンする
  • 亀頭に触る
  • ネクサスレボがあなたのポイントに吸い込まれる
  • 足ピンしたまま飽きるまで亀頭を刺激する
  • 補助として乳首も刺激する
  • ドライオーガズム達成!

1時間ほどペニスを触らずネクサスレボを使う

項目1ではネクサスレボを稼働させる時間は30分だったが、項目2では1時間となっている。これは自動的にドライのツボを検出するのに要する時間設定の違いと言えよう。

遥氏は30分に、大島氏は1時間に、ドライのツボを検出するのに要する時間を設定しているということである。どちらが正しい、間違っているということはない。

当サイトとしては、30分スイングさせて「突然始まる」事態に至らない場合は、更に30分ネクサスレボを稼働させて、合計で1時間という時間設定としたい。

また、大島氏はネクサスレボの具体的な使い方に関して「使いながら」としか述べていないが、当サイトとしては、項目1を踏まえ、会陰部のバイブ機能は使わずにスイング機能のみを使うスタイルを取る。もちろん、PC筋や肛門括約筋を締めたり緩めたりしてネクサスレボを操作することもしない。

足ピンする&亀頭を触る

足ピンは女性がオナニーする際の定番となっている体勢であるが故に、オーガズムと親和性が高いものであることは理解の範疇と言えよう。

だが、なぜ前立腺を刺激しながら亀頭を触るとドライオーガズムが発生するのかは謎である。科学的あるいは医学的な根拠は現在のところ分かっていない。

明確な根拠はともかく、現時点では経験則としてそのような現象が事実として存在しており、実際にこの方法でドライオーガズムを達成する者が実在するということしか言えないことをお断りしておく。

この件に関しては、別記事「亀頭を摘まむと肛門が締まる」で、仮説または推論というスタンスでその根拠を捻出しているので興味のある方はご一読願いたい。

尚、亀頭に触る際は、竿や尿道口の周辺に触れてはいけない。それらは射精=ウェットオーガズムを促す部位となるので、ドライオーガズムとは矛盾することになるからである。

ネクサスレボがあなたのポイントに吸い込まれる

項目1では「範囲=面」でドライのツボを検出したが、項目2では「あなたのポイント=点」でドライのツボを検出することになる。「あなたのポイント」とは、当サイトで言う「ドライのツボ」のことである。

ネクサスレボを一定時間稼働させ、足ピンしながら亀頭を触れば、本体ヘッド部分が自動的に、勝手にドライのツボにまで動いてくれるというのだ。

ピンポイントで正確にドライのツボを検出することが出来れば、ドライオーガズムを誘発する可能性が飛躍的に向上することは自明の理と言っても過言ではあるまい。

引き続きネクサスレボをスイングさせたまま、足ピンしながら亀頭や乳首を刺激していると「泣きそうになったり、気付くと勝手に大声を上げていたり、ちょっと違う世界に行ったり」して、最終的にドライオーガズムが発生することと相なる。

ネクサスレボの裏技的な使い方まとめ

最後に2つの項目の要点をまとめて当記事を終わりとしよう。

  • 仰向けに寝たまま何もせず、ネクサスレボを30分スイングさせる
  • 会陰部のバイブ機能は使わない
  • PC筋や肛門括約筋を締めたり緩めたりして器具を操作しない
  • 「突然始まる」=ドライオーガズム成功!
  • 30分ほどして「突然始まる」事態に至らなければ更にネクサスレボを稼働させる時間を30分延長する
  • 合計1時間ほどしたら足ピンしながら亀頭に触れる
  • 竿や尿道には触れない
  • 物凄い勢いでネクサスレボが奥に吸い込まれる
  • ドライのツボ自動検出完了!
  • 亀頭や乳首を刺激しまくる
  • 泣きそうになったり、気付くと勝手に大声を上げていたり、ちょっと違う世界に行ったりする
  • ドライオーガズム成功!!

以上が、ネクサスレボの裏技的な使い方=自動的にドライのツボを検出し、ドライオーガズムを発生させる方法である。


【NLS公式サイト】