コラム:「三分の一の締め付けは、エネマグラでドライオーガズムに達する時の最後の重要な動きである。」

コラム:「三分の一の締め付けは、エネマグラでドライオーガズムに達する時の最後の重要な動きである。」

知る人ぞ知る「三分の一の締め付けは、エネマグラでドライオーガズムに達する時の最後の重要な動きである。」という43文字の文言。

上記の鍵カッコ内のテキストをそのままコピーしてインターネット検索すると、同じ文章をそのまま、或いは一部だけ改変して流用したサイトが複数存在することが分かる。

どのサイトがオリジナルなのかは判然としないが、前立腺マッサージ器具を指示するワードが「アネロス」ではなく「エネマグラ」という辺り、随分と昔から語り継がれて来た言説であろうことが推測される。

「三分の一の締め付け」とは肛門括約筋の締め付け具合のことを言っており、この肛門括約筋の締め付けを行えば「ドライオーガズムに達する」ということを説いているのだ。即ち、当サイトの別記事「ネクサスレボの裏技的な使い方」と同様、インターネット上で流通するドライオーガズムにまつわる裏技やコツのひとつということである。

実は、この43文字のテキストには続きがあり、その続きを読めばこの裏ワザの詳細が明らかになる。43文字を取り上げたどのサイトも当然のことながら、その全文もまたほぼ同じ文字列となっている。以下にその全文を掲載する。

尚、本来であるなら、引用文として出典を明らかにすることがインターネット上のルールではあるが、どのサイトが当該テキストのオリジナルか分からないので、当サイトでは特定のサイトからコピー&ペーストはせず、敢えて一文字一文字を手入力してみた。

「三分の一の締め付けは、エネマグラでドライオーガズムに達する時の最後の重要な動きである。ゆっくりと息を吸いながらアヌスを最大の三分の一か半分程度の強さで締め付けてそのままで保持する。締め付けの強さは指で感じ取ること。呼吸は止めずにゆっくりと続ける。中途半端にアヌスを締め付けてじっと保持するのはとても難しく、アヌスがヒクヒクしはじめるが我慢する。限界が来て思いっきり締め付けたくなったら逆にアヌスを緩める。そして再びゆっくりと息を吸いながら三分の一か半分程度の締め付けを行いそこで止める。すぐにアヌスがヒクヒクしはじめ、思いっきり締め付けたくなるまで我慢して、最後にアヌスを緩める。このサイクルを何度も繰り返す。次第に喘ぎ声が出たり体が悶えたりすることもある。そしてどうにも我慢が出来なくなったらアヌスを思いっきり締め付けても構わない。アヌスが敏感な場合はこの運動だけでドライオーガズムに達することもある。」

肛門括約筋を三分の一ほど締め付けることを繰り返せばアヌスが自律的にヒクヒクと痙攣するという件、その痙攣と連動して前立腺マッサージ器具も自律的に動き出し、その自律的に動き出したマッサージ器具が前立腺を自律的にクリーンヒットするのではないかと期待を抱かせるに十分な内容である。

前立腺ドライオーガズムとは、それを達成するのに数年の時間を要するほど、困難を極める性技のひとつと言える。前立腺マッサージ器具を肛門に挿入すれば、誰もが即座にマルチプルな絶頂感を味わえるというものではないのだ。

それ故に、商品に添付されているようなマニュアルだけではコト足りず、そこには書かれていない裏ワザやコツの類がインターネット上に出回ることはモノの道理というものであろう。

これら大多数の裏ワザやコツは、万人に通用する方法論というよりも「私はこうしてドライオーガズムを達成しました」という個人の成功譚と認識するべきものである。

そういった個々人の成功譚をひとつひとつ実際に試し、また複数の成功譚を組み合わせてみて自分なりの「ドライ達成」を成就することが前立腺ドライオーガズムの、面倒ではあるがより確実性のある方法論と言えるだろう。

インターネット上には「コピペで済ませた」とされるテキストが数えきれないほど氾濫している。この現象に対して著作権上どうとか道義上どうとか、当記事でその是非の判断をすることはしない。

当記事で取り上げた43文字もまたドライオーガズムにまつわる裏ワザやコツのひとつに過ぎない。だが、これほどまでに「コピペで済ませた」言説が複数のサイトで流通した例は希有であろう。

当記事をアップロードしたことにより、この43文字がまた新たにインターネット上に流通されたことになった。どこかで誰かがこの記事を読んで実際に43文字を試すこともあるだろう。成功を祈るばかりである。

アダルトグッズのNLS
アネロスは… 1